LOADING

コンテンツ CONTENTS

自己処理には様々な種類があり、費用も安価なため、気軽に毛をなくすことが可能です。

しかし肌トラブルの原因となるなどデメリットもあります。

今回は自己処理の種類とデメリットを解説していきます。

カミソリ

カミソリで自己処理したことがあるという方は多く、主流な自己処理法となっています。
しかし刃物なため、骨張っている箇所など、肌を切って怪我をしてしまう恐れがあります。
怪我をしてしまった箇所等は、脱毛できない可能性があるため、脱毛前の自己処理の場合は特に注意が必要です。
また、皮膚に必要な表面の角質も削り取ってしもうため、肌のバリア機能が低下し、乾燥や肌荒れなどの肌トラブルを起こす可能性があります。
さらに、清潔ではないカミソリを使用することで、雑菌が毛穴に入り、肌トラブルの原因になります。

毛抜き

毛根が毛穴よりも大きい場合、毛を引っ張り抜くときに毛穴や周囲の皮膚がダメージを受ける可能性があります。
ダメージを受けた毛穴に雑菌が入ると、炎症を起こし、毛嚢炎や埋没毛を引き起こす可能性が高いです。

「毛嚢炎とは?脱毛後に毛嚢炎ができる原因や正しい対処法をご紹介」

脱毛ワックス

脱毛ワックスは、温かいワックス(液体)をムダ毛の生えた肌に塗布し、乾いて個体になってから、皮膚からはがす方法です。
皮膚に生える毛を一瞬で大量に剥がすため、角質層も一緒にはがしてしまうなど、強い痛みとともに肌ダメージをかける可能性があります。
内出血やかぶれなどの炎症を起こしてしまう人もいます。

除毛クリーム

アルカリ性の薬剤(クリーム)で皮膚表面のムダ毛を溶かし除毛する方法です。
毛を溶かす成分だけあり、お肌への負担も大きく、肌荒れや乾燥、赤みなどの原因になります。

電気シェーバーでの自己処理がおすすめ

電気シェーバーは、刃先が丸く、薄い刃を使用し、挟み込むように毛を切断します。
そのため、肌を傷つけるリスクが他の自己処理法に比べて低く、肌トラブルも起こりにくくなります。
当店では、脱毛前の自己処理法として、お客様へ電気シェーバーを推奨しております。

まとめ

上記でご紹介したような自己処理でムダ毛の処理を行うと、除去した毛はまた生えてくるため、永久的に肌に負担をかけながら毛を剃ることになります。
色素沈着の原因にもなります。

当店に通われているお客様のほとんどが、脱毛を始めて半年で自己処理を卒業されています。
脱毛で自己処理の回数を減らし、肌トラブルや色素沈着のない美肌にしていきませんか?
ご来店心よりお待ちしております。

「お問い合わせはこちら」