LOADING

コンテンツ CONTENTS

正しい知識があれば、VIOを自分自身でお手入れできますが、かなり難しい箇所でもあります。

今回は、VIOの自己処理前に知っておきたい注意ポイントと

脱毛サロンでVIOを脱毛するメリットをご紹介します。

VIOを自己処理するときの注意ポイント

・肌がデリケートな時は避ける
VIOはもともと皮膚が薄く、擦れやすいなどデリケートな部位です。
しかし少しの刺激で肌が荒れたり、かぶれたりするなど、生理中やその前後はさらに肌が敏感になります。
生理前後2日間は自己処理を避けましょう。

・入浴後に行う
VIOの毛は1本1本が濃く太いため、処理しづらいことがあります。
毛が柔らかくなっている入浴中、入浴後に処理を行うことがおすすめです。
入浴中や入浴後にお手入れが難しい場合は、蒸しタオルでVIOを温めてから処理を行うとスムーズです。
ただし電気シェーバーやヒートカッターは、商品によっては湿気に弱いものもあるので、入浴中に自己処理をする場合は注意が必要です。

・自己処理前に手洗い・手指や道具の消毒を行う
VIOは粘膜がむき出しになっており、雑菌から感染症を引き起こすことがあります。
自己処理前にVIOに触れるシェーバー等の道具や手は清潔にしておきましょう。

・粘膜に近い際まで自己処理は危険
IとOは特に粘膜ギリギリにムダ毛が生えていますが、自己処理によって粘膜を傷つけてしまうことがあります。
傷口から雑菌が入り込み、感染症になるリスクがあるため粘膜ギリギリまで処理するのは控えましょう。

脱毛サロンでVIOの処理してもらうメリット

・お肌を傷付ける心配がなく安全
自分自身で処理を行うと、見えづらく手が届きづらい箇所ということもあり、肌や粘膜を傷付ける可能性があります。
傷付けてしまうと、毛嚢炎や感染症などのリスクもあります。
脱毛サロンでは、プロが清潔な機械で処理を行うためお肌を傷つける心配はありません。

・脱毛することで自己処理の回数が減る
シェーバーやカミソリでの処理だと時間が経てば毛が生えてくるため、再びお手入れしなければなりません。
短期間にお手入れを繰り返すと、お肌に負担がかかります。
脱毛をすることで自己処理の回数を減らし、敏感なデリケートゾーンのお肌への負担軽減につながります。

・希望の形に整えることが可能
自分では整えることが難しいVラインの形もお好みに合わせて綺麗に形を整えることが可能です。


「VIOの人気の形についてはこちら」〜デリケートゾーン(VIO)の脱毛について!みんなどんな形にしているの?〜

まとめ

VIOのムダ毛を処理すると、見た目だけではなく蒸れやニオイなどが軽減され、清潔な状態を保つことができます。
しかし自己処理が難しい上に、お肌がデリケートな部分でもあります。

不安な場合は、脱毛サロンイーサムにぜひお任せください。
安全安心のVIO脱毛を受けることが可能です。
また脱毛前のご自宅での自己処理が難しい方のために、スタッフによるシェービングメニューもご用意しております。
お気軽にお申し付けくださいませ。