LOADING

コンテンツ CONTENTS

ニキビがあるけど顔脱毛はしたい!と考えている方は多いのではないでしょうか?

実は、顔にできたニキビの状態によっては脱毛が可能です。

そこで今回は脱毛可能なニキビと、脱毛が難しいニキビについて説明していきます。

ニキビができやすい方は、脱毛可能なタイミングを見極める参考にしてみて下さい。

脱毛可能なニキビとは?

・ほとんど治っているニキビ
ほぼ治っているニキビ、治りかけのニキビの場合、脱毛しても問題ありませんが、脱毛によって少なからず刺激を受ける可能性があるため、ニキビやその周辺は避けて施術を行います。

・初期段階のニキビ(白ニキビ・黒ニキビ)
ニキビの初期段階である白ニキビと黒ニキビの場合も脱毛可能です。
白ニキビとは、皮脂が毛穴に詰まって白く見えている状態です。
そこから時間の経過と共に皮脂や角質が酸化した状態が黒ニキビです。
どちらも炎症を起こす前段階のため脱毛可能となります。

・ニキビ跡に変化したニキビ
ニキビ跡に変化したニキビは、安定しているため脱毛可能です。
ニキビ跡の色素沈着が薄ければニキビ跡の箇所も脱毛できますが、色素沈着がひどい場合はその箇所は避けて施術します。

脱毛してはいけないニキビとは?

・炎症を起こしているニキビ
初期段階の白ニキビ、黒ニキビから赤ニキビへ進行した場合は、脱毛は避ける必要があります。
赤ニキビとは、毛穴に詰まった皮脂に雑菌や細菌等が繁殖している状態のため、炎症が悪化する恐れがあります。
ただ、小さな赤ニキビの場合は、その箇所を避けて脱毛可能です。

・化膿しているニキビ
赤ニキビが悪化した状態である黄色ニキビは、化膿して膿を持っており毛穴の中で黄色ブドウ球菌が増殖している状態のため脱毛は不可です。
また赤紫色に腫れた状態の紫ニキビについても脱毛はできません。

・広範囲に進行したニキビ
顔全体にニキビがあるような場合は、脱毛による刺激でさらに症状が悪化してしまう恐れがあるため、ニキビが完治してから脱毛しましょう。

脱毛前の注意事項はこちら

まとめ

カミソリを使って顔のムダ毛を自己処理すると、角質を削り肌を傷付けてしまうケースもあります。
そうなると肌のバリア機能が低下し、ニキビの原因となるアクネ菌が侵入しやすい状態となります。

顔脱毛をすることで、カミソリ等によるムダ毛の自己処理がなくなれば、肌への負担が軽減できます!
また毛穴から生えている毛がなくなるため、毛穴が引き締まり皮脂や汚れが詰まることを防いでくれます。

このように、顔脱毛によってニキビを防ぐ効果も期待できるでしょう♪

当店では、初回ご来店のお客様へお試し価格で顔脱毛メニューのご提供をしております。
ぜひ一度イーサムの顔脱毛お試しくださいませ☆

「お問い合わせはこちら」