LOADING

コンテンツ CONTENTS

ほとんどの脱毛サロンが脱毛前にジェルを塗布しています。

今回は脱毛に使用するジェルの役割について詳しく説明していきます。

脱毛ジェルとは

脱毛ジェルとは、脱毛機を照射する前に脱毛部位に塗るジェルのことです。
脱毛箇所にジェルを塗り、その上から脱毛機をあてていきます。
光の照射が終わると、塗ったジェルは拭き取られます。
ジェルを使うサロンがほとんどですが、ジェルを使わないサロンもあります。
脱毛サロンに悩まれている方は、ジェルの塗布の有無も調べておくと良いでしょう。

脱毛ジェルの役割は?

・肌を保護する
ジェルを塗ることで、脱毛機のライトやレーザーから肌が保護されます。
光脱毛は光を皮膚に照射することで毛根にダメージを与えるため、皮膚にも少なからず負担がかかります。
特に肌が弱い方は、痛みを強く感じたり、脱毛箇所に赤みがでたり、ひどい場合は火傷につながる恐れもあります。
そこで、脱毛前に脱毛箇所へジェルを塗っておくことで、ジェルが肌を保護し、負担を緩和してくれます。
また、乾燥している箇所に脱毛の光を当てると痛みを感じやすくなりますが、ジェルで肌の水分を補うことができるため痛みが軽減されます。

・脱毛効果が出やすい
肌の水分は脱毛機から照射される光の通りをよくします。
ジェルで肌が潤うことで光が毛根まで届きやすくなり、脱毛効果が出やすくなります。
逆に乾燥してしまうと肌が硬くなり、光が毛根やその周辺まで届かず脱毛効果が出づらくなります。
肌が乾燥しやすい季節は特に効果が出づらくなることもあります。
ジェルによって肌が潤った状態にすることが可能です。
脱毛前にジェルを塗るとはいえど、日々の肌の保湿もこまめに心がけて行いましょう。

・潤滑剤となる
サロンで使用される脱毛機の中には、機械の照射面を肌の上で滑らせながら照射していくものがあります。
その場合、ジェルが潤滑剤の役割を果たしてくれるので、スムーズに脱毛が可能です。
お手入れ時間の短縮や、当て漏れの軽減にも繋がります。
万が一ジェルを塗っていない状態で、機械の照射面を肌の上で滑らせながら照射すると、摩擦が起こり肌を傷つけます。
乾燥していると尚更危険な状態になります。

「脱毛前の注意事項はこちら」

脱毛ジェルのデメリットは?

・ジェルが冷たい
脱毛ジェルは肌よりも低い温度のため、塗布する際に、冷たく感じやすいです。
また、個人差はありますがジェルの感触が不快に感じることもあります。

・脱毛の時間が伸びる
ジェルを塗る時間、拭き取る時間が出てくる分、ジェルを塗らない脱毛に比べると時間がかかってしまいます。
脱毛箇所が増えることでさらに時間がかかります。

まとめ

脱毛ジェルは肌の保護や脱毛効果の向上など、メリットがたくさんあります。
冷たい感触が不快だったり、お手入れ時間がのびたりといったデメリットもありますが、当店でも脱毛ジェルを使用して脱毛をさせていただいております。
当店では、ジェルの不快感や冷たさを和らげるために、ジェルを塗る際はその都度声をかけさせていただいております。
また暖かいおしぼりをご用意させていただいており、お部屋や施術ベッドを暖かくする工夫もしております。
ぜひ当店で脱毛体験されてみてください。

「お問い合わせはこちら」