LOADING

コンテンツ CONTENTS

脱毛後に「保湿」を行うことはとても大切です。脱毛後のお肌への保湿について、保湿を行うメリットや得られる効果のほか、正しいアフターケアについて説明します。

脱毛後の保湿はなぜ大切なのか?

脱毛後、なぜ保湿が必要なのかご存知ですか?
脱毛した肌は、予想以上にとてもデリケートな状態になっています。
そのため、肌への刺激を最小限に抑え、優しくトリートメントする必要があります。
脱毛後の肌の状態、保湿の重要性を知っておきましょう!

・脱毛後の肌状態は?
美容脱毛や医療脱毛は、どちらも毛の黒い色に反応する光またはレーザーを当てて脱毛します。
1本1本に熱を加えることで毛が抜け落ちていく仕組みなのですが、少なからず肌への影響もあります。
また、脱毛器の出力の加減でやけどを負った状態になることもあります。
強い出力で脱毛を行った場合、高い脱毛効果が期待できますが、その分肌へのダメージも大きくなります。
つまり、脱毛後の肌は日焼け後の肌の状態に似ています。
熱がこもっていたり、肌の水分量が少なくなり乾燥しやすい状態になったりと、デリケートな状態になっています。

・保湿をしないとどうなる?
個人差はありますが、日焼け後と似た肌の状態で放置していると、肌が乾燥しすぎて粉を拭いてしまったり、赤い跡が残ったりすることもあります。さらに悪化すると炎症や化膿が起こることもあります。
そして肌の水分量が減ってしまうと老化が進み、シワ、くすみ、シミなどの原因にもなります。

脱毛期間中に保湿をするメリット

・脱毛効果が高まる
脱毛期間中に保湿をしっかり行うと、脱毛効果の向上につながります。
脱毛は1回で効果が出るわけではなく、毛周期に合わせて数回に分けて施術を受ける必要がありますが、肌の状態が悪い場合、毛が生えづらくなるほか、角質に埋まってしまう埋没毛になることもあります。
そこで事前にしっかり保湿して肌の状態を整えることで、毛周期のサイクルを整え、脱毛の強い光にも耐えられる土台作りが出来ます。

・肌トラブルの予防になる
保湿をすることで、肌は水分量の多い状態となり、ハリがある・シワができにくい・乾燥しづらい肌になります。
シミ・シワ・ニキビ等の肌トラブルを予防することで、ニキビ等で施術が受けられないといったトラブルも予防します。
また脱毛後のやけどや炎症といった肌トラブルの予防にもつながります。

・脱毛照射後の痛みや肌への負担軽減
肌が乾燥している状態=皮膚が硬くなっている状態です。
その状態で、脱毛の光を照射してしまうと肌への負担が大きくなり、痛みも強くなってしまいます。
ひどい乾燥で粉が拭いてしまっている場合等は、脱毛ご遠慮いただく場合もございます。脱毛前後の保湿をしっかり行い、肌への負担を軽減しましょう♪

正しい保湿方法は?

・顔
顔は体の中でも皮膚が薄くとてもデリケートなため、特に優しく保湿する必要があります。
顔の皮膚は薄いため、一度保湿をしても水分がなくなってしまいやすい箇所になります。
そのため、化粧水を塗布した後、油分を含む乳液やクリームを使用し、水分を肌に閉じ込めましょう。

・体
体は顔に比べると皮膚が厚いですが、衣服の摩擦や、紫外線によりダメージを受けやすい箇所です。
ボディローション等で小まめに保湿を行いましょう。

・VIO
施術中も痛みを感じやすいVIOは、下着の摩擦で刺激を受けたり、汗などで蒸れて不衛生になったりします。
そのため、ぬるめのシャワーで洗い流し、優しく水分をふき取ってから保湿を行いましょう。
敏感肌用のローションや、やわらかいクリームなど刺激の少ないアイテムを使用すると良いでしょう!

まとめ

美肌を目指して脱毛前後の保湿もこまめに丁寧に習慣化していきましょう。
当店では脱毛後の保湿ミストのサービスやお好きに使用していただける保湿剤も設置しております。
ぜひ一度当店で脱毛後体験くださいませ♪