LOADING

コンテンツ CONTENTS

良かれと思って毎日の習慣にしているスキンケアが、肌トラブルの原因になっているかも知れません。

今一度ご自身のスキンケアを見直してみましょう。

肌を強く擦るように洗う

メイク落としや汚れが取れているか心配なため、ゴシゴシと肌を洗うのは肌の表面の角層を傷つけてしまい逆効果です。
肌を刺激から守り、潤いを保護する皮膚のバリア機能がダメージを受けて、保湿力が低下してしまいます。
また強い洗浄力のあるクレンジングや洗顔料で洗い過ぎると、肌の潤いに必要な皮脂も洗い流してしまうため、肌が乾燥します。

保湿剤を過度に使用する

決められた使用量を超えて保湿剤を使用すると、皮膚のバリア機能が低下します。
また潤い成分の強い保湿剤を重ねて使用しすぎるのもNGです。
乳液やクリームなど油分が多いアイテムは、肌の保湿力を高めてくれますが、使いすぎると肌トラブル原因となります。
保湿剤を使用する際は、アイテムの説明欄をしっかり読み、記載してある使用量を守りましょう。
それでも乾燥が気になる場合は、部分的に重ね塗りをするなどで様子をみましょう。


「脱毛後の保湿の必要性について」はこちら

フェイスパック・スチーマーを長時間使用する

スチーマーはスキンケア前にお肌のコンディションを整えるために有効なアイテムですが、過度に使用すると皮膚の水分が蒸発してしまい、逆に乾燥してしまいます。
また、フェイスパックを長時間つけっぱなしにすると、パックに含まれる潤い成分が浸すぎて、肌荒れの原因となります。
アイテムの説明欄に記載の使用時間を守るようにしましょう。

まとめ

保湿はたくさんした方が良いというイメージを持たれがちですが、保湿しすぎると皮膚のバリア機能が低下し、肌トラブルの原因になります。
使用量を守って使用しましょう。

「お問い合わせ」はこちら